2007年11月23日

いまさらだが、ボジョレー。

だいぶ日が経ってしまったのですが、11/15はボジョレーヌーボーの解禁日でしたね。

飲んでいいよ♪って言われた瞬間に飲まなくちゃね!という友人の誘いにより、とあるお店のボジョレーイベントに行ってきました。

しかし実はその日は前からチケットを取っていた野村万作さん(野村万斎さんのオトンね)の狂言を見る日。当然それも見て、ボジョレーイベントにもいかなくちゃなので、とっても忙しい日でした。


狂言ていうと、むかーし教科書にあった「くっさめ、くっさめ」とかいうセリフ(知ってる人は私と同じ教科書かも)のイメージが強かったのですが、実際の狂言はようするに昔の喜劇なので、古典芸能としてはとってもとっつきやすく、面白い。

上演前に役者さんがちゃんと解説もしてくれて、とても楽しめました。
人間国宝の野村万作さんの演技を堪能できたし、いいもの見せてもらったわ。


狂言を見終わったら大急ぎで、友人達の待つお店へ。
信じられないくらい乗継ぎがよく、予想より大幅に早く到着しました。
お酒に関係したことになるとえらく運がいいようです。


すでに軽く出来上がっていた友人たちと一緒に飲んだボジョレーはこちら。


071115_1.jpg



左上のボトルは、あの有名な洋服やさんの「TOMORROWLAND」がデザインしてるラベルらしいです。
はぁ〜なるほどね。確かにそれっぽいです。コムサといい、最近はアパレルと飲食業界がコラボというのが流行ってるのでしょうか。


そしてワインのアテは、こちら。

071115_2.jpg

左上に写っているグラスは、私がお店に到着するやいなや友人がウコンを私に飲ませてくれたのですが、そのときに使用した水の入ったグラスです。

飲む前に漢方、いや、ウコン。そこまでして飲みたいのかい、きみたち・・・。

最初のアテは、チーズ2種と枝つきレーズン。もちろんこれだけではなく、この後にも次々と出てくるのですが、2品目以降は私も友人もだいぶ出来上がってる感じだったので、写真をとることをすっかり忘れていました。。。


この夜は、去年の教訓などすっかり忘れてたくさん飲んでしまい、夜が更けていったのでした。まあ楽しかったからよしとしよう。



そして翌々日の土曜日。


だいぶ前から三越で予約してあったボジョレーちゃんが届いたので、さっそく一本いただくことに♪

ラベルがとっても気に入って、ジャケ買いしてしまった一本です。

071115_3.jpg


ブルゴーニュ・シャンピー社のヴィラージュ・ヌーヴォー。
画家の杉浦非水氏のデザイン画なのだそうです。
大正ロマンちっくな、レトロな感じがとっても素敵です。

実際に飲んでみると、イチゴを思わせるような甘くてフルーティーな香りなんだけど、軽すぎることもなくしっかりした味わい。私は大好きな感じでした。


ワインのアテに作ったのは、なんちゃってローストビーフです。

071115_4.jpg

写真は牛たたきにしか見えませんが。

素材はオージービーフ、調理器具はフライパン。
簡単な作りなのですが、まあそれなりにローストビーフ気分は味わえます。


ボジョレーは3本セットを購入したので、あと2本残ってるのです♪
次はいつ飲もうか、検討中。

でも以前、長く置きすぎて残念な結果になった経験があるので、早めに飲まなくちゃバー


ニックネーム りえぴぃ at 02:16| Comment(6) | TrackBack(5) | りえぴぃの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ボジョレーの会よさそうですね。
ちなみにどこのお店か良かったら教えてください。
tanamiの方もよかったですよ。
飲み比べすると違いがわかりますよね。
去年のものも飲みましたが、酸が抜けてしまうので、やはり早く飲んだほうがいいかなぁといった印象は受けました。
今回tanamiはウコンを飲み忘れてしまったため、寝過ごしてしまい帰りは無人駅で下ろされてしまい、DANNAに出動してもらいました。
翌日は一日二日酔いに悩まされましたし。
やはりウコンは必須です。
ローストビーフ美味しそうですね〜
Posted by tanami at 2007年11月23日 18:06
tanamiちゃんのブログにも狂言を見に
行ったという記事がありましたが、
もしかしたらご一緒だったんですか?
狂言って、難しくて理解が出来ないと
いうイメージだったのですが、意外に
とっつきやすく面白いんですねー。
しかもそのあとのボジョレーイベントも
ステキですね〜。
私はお酒が飲めないので、とっても
憧れますハートたち(複数ハート)
tanamiちゃんもワイン好きだし、皆さん
オサレな生活がとっても羨ましいです。るんるん
Posted by アユモ at 2007年11月24日 13:01
親子ってなに?
Posted by BlogPetのちょび at 2007年11月25日 10:18
>tanamiさん

このお店はワインバーってわけではなく、普段は普通のバーなのです。この日は定額で好きなワインを飲み放題というイベントでした。でも料理込でたしか5000円くらいだから、お値打ちかな?上社の駅前にあるバサラっていうバーです。
私も去年のやつを飲ませてもらいましたが、やはりちょっと・・・、いまいちでした。ボジョレーは寝かすものではないですね。
ほんと、酒のみにウコンは必須です。私は飲む前と飲んだ後と両方飲んだりしますよ^_^;


>アユモさん

ご一緒ではなかったんですが、偶然にもこの週は同じような行動をしていたみたいで私もびっくりしたのです!
狂言、面白かったですよ〜!私が行ったのは「狂言の会」っていうやつで、たぶん初心者が多いためか、上演前に30分くらいかけて役者さんがあらかじめ解説してくれるので、すごくわかりやすかったです。
オサレな生活だなんて、そんなすてきなものではないのですよ〜^_^;私は日本酒も好きなので、普段はどっちかっていうとおやじです♪
Posted by りえぴぃ at 2007年11月26日 19:29
いやん、りえぴぃさんグッド(上向き矢印)
ボジョレーイベントだなんて、なんてこ洒落た会でしょう黒ハート
そうそう、最近のアパレル業界がかんでる食品とかって、ラベルとかがやっぱりお洒落ですなリボン
でも、三越で予約されたというレトロなラベルのボジョレーもすっごい素敵〜ハートたち(複数ハート)
味とかはよくわからない素人な私ですが、ラベルの素敵さはわかるわるんるん
そして、くっさめくっさめもわかるのだexclamation×2
教科書に出ていたかどうかは知らない(あんまり教科書を読んだ事がない。笑)けど、そんな言葉が流行ってましたー顔(イヒヒ)
Posted by mika at 2007年11月27日 21:57
>mikaさん

いやー、実際にはただの飲んだくれの集まりでしたわ・・・^_^;
そうそう、食べ物や飲み物って、味はもちろんだけど、見た目も大事よね〜。ラベルとかパッケージで、味の印象も変わる気がするわ。味覚と心はつながってるのね。
くっさめ、もしかしたら教科書じゃなかったかも〜あせあせ(飛び散る汗)(いい加減な私の記憶・・笑)でも、確かに私達が子どものころ流行ってましたよね!テレビとかでやってたのかなぁ?
Posted by りえぴぃ at 2007年11月28日 14:04
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1211277
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

内職
Excerpt: 面白ネタ探し中!内職男。
Weblog:
Tracked: 2007-11-23 04:13

高島屋
Excerpt: ギフトシーズンです!高島屋。
Weblog:
Tracked: 2007-11-23 09:54

運の悪い人は出だしがいい、運のいい人は出だしが悪い 田村孝(開運コンサルタント)
Excerpt: 開運コンサルタントの言葉で、運がいい人運が悪い人の ブログをアップしました。よろしければ、ご訪問ください。
Weblog: 書き留めておいた素晴らしい言葉
Tracked: 2007-11-23 13:20

マルセル・ラピエールのボジョレー シャトー・カンボン
Excerpt: 酸化防止剤無添加 マルセル・ラピエールのボジョレー シャトー・カンボン 2005 Marcel Lapierre Beaujolais2005 Marcel Lapierreボージョレ 2005 生..
Weblog: ボジョレーヌーボー解禁! その味を試してみます!
Tracked: 2007-11-23 17:49

昭和レトロ  ALWAYS -続・三丁目の夕日- ・・・
Excerpt: 最近、「ALWAYS -続・三丁目の夕日-」の影響で、
Weblog: ブログマーケット by 優男
Tracked: 2007-11-24 20:19