2007年05月05日

生まれた!

5/4のお昼ごろ、こつぶが帝王切開にて出産いたしましたわーい(嬉しい顔)

オス2、メス2の計4頭。
カラーは全てブラック。

現在のところ、母子共に元気です。


070504_1.jpg


いやあ、長い一日でありました。


出産の兆候を知るため、レントゲンを撮った日から毎朝晩体温を測っていました。ホルモンの関係で、犬は出産の2日くらい前から少しずつ体温が下がり、一番下がったときから数時間後に陣痛が始まるからなのです。

しかし予定日になってもいっこうに体温は下がらず、おかしいなと思っていました。


5/4の朝起きると、こつぶは明らかにいつもと違う様子でぐったりしていました。

目もうつろで、動くのもつらそうな感じ。
まわりには嘔吐の跡が・・・。

そして体温を測ってみると、なんと平熱よりも一度くらい高かったのですがく〜(落胆した顔)


これはただごとではない!と、すぐにかかりつけの獣医さんに電話したところ、「すぐに連れてきて下さい。」と言われ、さっそく病院へ行きました。


先生に診ていただいたところ、体は出産準備が始まっていて、胎児はもう外に出たいのに、陣痛が微弱なためいきむことも出来ず、体温が上がってつらい状態であるとのこと。


すぐに子供を出さないとまずいということで、緊急帝王切開ということに。
あまりの急展開に、私達もただボーゼンという感じでした。。。


手術が終わったら電話をしてくださるということだったので、とりあえず帰宅。
お昼ごはんを食べたり、産室を整理したりしているうちに、「無事終わりました」の連絡が入り、迎えに行きました。
(終わってすぐに連れて帰れるというのもちょっとびっくりしましたあせあせ(飛び散る汗)


病院に入ると、こつぶはとりあえず目は開いているものの麻酔が効いてボーっとしていました。

そして先生が赤ちゃんを運んできてくださいましたexclamation×2

ミャ−ミャー言って、もぞもぞ動いています!
感動・・・もうやだ〜(悲しい顔)

しかし、思ったよりでかい。。
ジャンガリアンハムスターくらいかと思っていたら、明らかにゴールデンハムスターより大きい。
こんなのが4匹も入ってたら、そりゃあ重かっただろうなあ。。
(帰宅して体重を測ったら、2匹は128g、2匹は138gでした)



そして、先生や、休日なのに出てきてくださったスタッフさんにお礼をいい、ひとまず帰宅。


まだこつぶはボーっとしていましたが、とりあえず初乳を飲ませるために授乳してもらいました。

070504_2.jpg


この時点では、まだ自分が母になったということが分かっていない様子で、授乳を嫌がりはしないものの、おっぱいを吸ってくる子犬たちが怖いのか、授乳中ずっと震えていました。

授乳が済んでも、なにやらめずらしいものを見るかのような目で子犬たちを見て、すぐに子犬のそばを離れて私達のところにやってきてしまいます。

こういう現象は、帝王切開で出産した子にはよくあることだというのは本で読んで知っていました。ただ、授乳をすることで母性本能が目覚めて世話をするようになるケースがほとんどと書いてあったのですが、こつぶは授乳しただけではまだ母性は目覚めていない様子。

このときは、毎回私が手を貸さないとこつぶが自分で子犬のお世話をするのは難しいだろうと、正直思いました。


そして、2回目の授乳のとき、病院でもらってきた胎盤の液体を子犬に少し塗ってみたところ、こつぶはそれをくんくんしたのち、ひと舐めしました。

するとそれまで子犬に興味のなさそうだったこつぶが、突然子犬を舐めまわし始めたのですexclamation
おしっこもきれいに舐めてあげているようでした。


第一回目の、母性スイッチが入った瞬間です。



その後の授乳の時も、やはりひたすら子犬を舐めてきれいにお世話していたのですが、やはり授乳が済むと子犬のそばを離れて私達のところへきてしまうのは変わりませんでした。


しかし、その夜中のことです。


おなかが空いたのか、子犬たちが一斉にミャーミャー鳴き始めました。


するとこつぶが「ハッ!どんっ(衝撃)」というような、何かに目覚めたような表情をしたかと思うと、(私にはそう見えた)、子犬たちのところに駆け寄っていって体を舐め始めたのですexclamation×2


第ニ回目の、母性スイッチが入った瞬間です。(たぶん)



それからは、トイレと食事のとき以外は子犬たちの側から離れず、ずっと舐めてあげたり、暖めてあげたりと、かいがいしくお世話しています。


これが、こつぶが母性に目覚めるプロセスでした。


やり方を誰に教わったわけではなく、産んだ瞬間は自覚なかっただろうに、ちゃんと母性って目覚めるものなんですね。
なんだか、わが子ながら感心すると同時に、とても感動しました。もうやだ〜(悲しい顔)


今もこつぶは、産室のなかで子犬たちと一緒にいます。


070504_3.jpg


まだ目も見えない赤ちゃんたち。
こつぶママ、子育てがんばってねハートたち(複数ハート)



初授乳の様子です黒ハート






そして実は、出産に備えて一眼レフ買っちゃいました顔(イヒヒ)
しかもフォトアルバム作っちゃいました顔(笑)(親バカ)

よかったら見てやってください↓

http://www.imagegateway.net/a?i=I0JhgZzDqr


アップロードできる容量が100MBまでなので、期間限定公開の可能性高いですが、お許しを・・・顔(汗)




ニックネーム りえぴぃ at 13:07| Comment(16) | TrackBack(2) | こつぶときららの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする